1. トップページ
  2. 院内紹介
  3. リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリ当院2階の明るく広いスペースで、理学療法士3名を配置し、充実した運動機器と物理療法を備え、運動器リハビリテーション(Ⅱ)、脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅲ)の施設基準を取得したリハビリテーション科です。


日常生活での首、肩、腰、膝の慢性疼痛や、機能回復の必要な術後、退院後の患者様に、最適なメニューを計画し、疼痛の改善、日常生活動作の獲得、職場復帰をサポートします。


当院では新しく導入したエクササイズ機器(レッグプレス、レッグエクステンション、ローイング、ニューステップ、エアロバイク等)を利用したパワーリハビリテーションを取り入れております。術後、退院、高齢者などの体力、筋力の低下した方でも、無理なく楽しみながら、下肢筋力を強化し、関節可動域を広げ、生活の維持、介護予防などに幅広く活用していただけます。

パワーリハビリテーション

パワーリハビリは老化や器質性障害により低下した身体的、心理的活動性を回復させ、自立性の向上と生活の質(QOL)の高い生活への復帰を目指す新しい手法です。
パワーリハビリは筋力強化を目的としたプログラムではなく、マシントレーニングを軽負荷で行い、全身各部の使っていない筋肉を動かし、目覚めさせるというプログラムです。これにより「すたすた歩けるようになった」というような動作性、体力の改善、「外出するようになった」というような心理的活動性が得られます。
またパワーリハビリのような軽い有酸素運動の時に、神経から放出される物質には、うつの改善など心理的効果も発揮します。リハビリ後に趣味であった社交ダンスや登山など再び行えるようになった、などの報告もあります。

物理療法

物理療法とは、身体に物理エネルギー(温熱、電気刺激、光線など)を加えることで、生理的変化を起こし、血液循環の改善や筋肉の緊張や痛みの軽減などを行うものです。肩、膝などの関節痛や腰痛などの軽減や、運動しやすくなることを目的としています。当院では「温熱療法」、「物理療法」、「力学的療法」を行っております。

エクササイズ機器
(レッグプレス、レッグエクステンション、ローイング、ニューステップ)
関節、筋肉を無理のないように動かし、関節可動域を広げ、日常に必要な筋力を強化します エクササイズ機器
ウォータベット
疲労回復、リラクゼーション効果があります ウォータベット
スーパートラック
(牽引装置)
椅子に座った姿勢で腰の牽引を行い腰痛の治療をします スーパートラック
スーパーカイネ 電気刺激により首、肩、腰痛を緩和します スーパーカイネ
ドクターメドマー 血液とリンパ液の効果的な流れの促進に効果があります ドクターメドマー
マイクロタイザー 肩、腰、膝等の患部を温めて痛みを緩和します マイクロタイザー
レーザー治療器 痛みのある部分に特殊なレーザー光線を当てて、痛みや炎症を緩和します レーザー治療器
バイブラ 末梢血流の循環を改善し、筋肉の硬化を和らげます レーザー治療器
ホットパック パックの微振動で心地よいマッサージ。 さらには温熱の相乗効果により効果的に新陳代謝や循環をよくします  

その他、滑車、輪転機、マット、平行棒、ストレッチポール、バランスボールなどの運動機器が備わっております

訪問リハビリテーション

歩行や通院の困難な方で自宅での自立生活に不安のある方には、当院の理学療法士が医療保険、介護保険のもと自宅での訪問リハビリを行っております。生活に必要な身体機能を維持向上させ、起き上がり、立ち上がり、歩行など様々な生活の基本動作を練習します。自宅での生活動作が確立してくると、通院でのリハビリへのステップアップも視野に入れ、生活復帰に向けて充実した体制を整えております。また福祉用具の選択の助言やご家族様の介助方法の指導等も行います。
他院からの指示や介護事業所の依頼による訪問リハビリも受け付けております。
訪問リハビリは毎週火曜日、水曜日、木曜日の午後14時から行っております。

大阪市 東住吉区にある金子外科 基本情報

〒546-0032
大阪府大阪市東住吉区東田辺2丁目27-8
TEL: 06-6607-5225
FAX: 06-6654-7771

金子外科


大きな地図で見る
ページのトップへ戻る